生理痛の改善方

トップページ 生理痛の改善方

生理痛の改善方

なぜ、生理痛はおこるのでしょうか?特に、ストレスを抱えているときに生理痛の痛みがひどいと感じることがありませんか?ストレスだけではなく、寒さ、夜更かしなどの生活習慣の乱れなどが生理痛の要因になっているようです。意外なことですが、生理に対する消極的な見方そのものがストレスとなり、生理痛を悪化させてしまいます。

 

もちろん生理痛には個人差があります。生理中でも問題なく仕事を行える女性もいれば、ひどい不快感から吐いてしまう女性までさまざまです。

 

子宮内膜がはがれるときに放出さるプロスタグランジンというホルモンの量が多いと、生理痛が引き起こされます。このホルモンは子宮の収縮を促す働きをします。痛み止めが効かないほどの痛みで悩んでおられる方は、病院でプロスタグランジンの働きを阻害するお薬を処方してもらうことをお勧めします。

 

脂肪分の多い食事を避けることによっても、このホルモンの分秘をある程度抑えることができます。それでも痛みが改善されないなら、また排尿障害などがあるなら、専門医にかかることをお勧めします。なぜなら、子宮筋腫や子宮内膜症などの恐れがあるからです。生理痛は「当たり前の事」と思われがちですが、これらの病気は放置してよいものではありません。

 

確かに多くの女性は検査を受けることに気恥ずかしさを感じられるかもしれませんが、もし痛みがひどく、日ごとに状態が悪化していくのであれば、検査に行くことを遅らせないようにしましょう。最悪の場合、子どもが産めなくなってしまうからです。遺伝的な体質の問題のほかに、生理痛は普段の食生活や生活習慣から影響を受けます。

 

脂肪分の多いデザートや食事を避け、規則正しい睡眠、下腹部を冷やすようなファッションを避けること、ストレスを上手に解消してくことなどで、生理痛の原因を減らしていくことができます。